同窓会について

福山葦陽同窓会について

福山葦陽同窓会は、明治44年(1911)に葦陽同窓会として設立されました。以降、時代の変化や学校の変遷を経る過程で様々な協力・支援を通じ葦陽高校と共に歩んできました。

現在、福山本部・東京支部・近畿支部・広島支部で運営しています。

福山葦陽同窓会会長

赤松会長

本年、わが母校広島県立福山葦陽高等学校は明治39年4月福山城下の西に福山町立福山女学校として創立。以来、年を重ね今年光輝ある創立110周年を迎えることが出来ました。同窓生の皆さまと一緒にこの慶びを分ち合いたいと思います。

まさに明治、大正、昭和、平成と史上最大の激動の中にあって幾度かの学制改革、学園の変貌にも耐え忍び、我が国の新たな発展と、激動の渦中にあって、常に新しい教育を自らの中に体現し、よき伝統の上に新たな歴史を創造して参りました。
現在卒業生は3万余名に達し、政治、経済、教育、文化および家庭などそれぞれの分野で活躍されています。力強い限りです。

時代は移り、新幹線が通る様になると騒音問題、又生徒数の増加等に伴う運動場の狭いこと等により、昭和50年9月全面移転期成同盟が結成され、昭和54年12月にやっと県と市が覚書を交換、昭和56年久松台の新校舎工事が着工され、昭和57年3月全面移転が完了いたしました。今は移転前の学び舎の跡地に、広島県立歴史博物館、ふくやま美術館が立ち並びその正面に水野勝成公築城の福山城がそびえ立ち、福山市の文化ゾーンとして市民の憩いの場となっているのを見るにつけ、感慨無量の思いであります。

温故知新を説いた先人の知恵を思いつつ、この百十年の歩みをもとに明日といわず、今日からの母校の歩みが一段と力強いものになることを祈念しております。

最後に、この度の創立110周年記念事業の一環として行なわれます、移転時に描かれた「学校の歴史」の壁画の修復、記念誌の発行、第3回作品展、水野家時代福山城下古地図等の修復、および古地図にまつわる講演会の開催等の推進にあたっては多大なるご支援をいただきました。同窓生の皆さま、教職員の皆さま、教育行政の皆さま、地域社会の皆さま、さらに浄財を寄付していただいた個人、企業の皆さま、本当に有難う御座いました。心から感謝申し上げご挨拶といたします。

赤松治美

歴代同窓会会長

会長名 卒業年 就任期間
初代以前 終戦まで歴代校長が兼務
初代 渡辺ハナ 明治43年 昭和25年 ~ 昭和31年 7月28日
第2代 井森シズ 大正 2年 昭和31年 7月29日 ~ 昭和37年 6月 3日
第3代 岩崎弥生 大正13年 昭和37年 6月 4日 ~ 昭和45年 5月23日
第4代 村上宣子 昭和 3年 昭和45年 5月24日 ~ 昭和55年 5月31日
第5代 小川一三 昭和26年 昭和55年 6月 1日 ~ 平成16年 5月29日
第6代 赤松治美 昭和30年 平成16年 5月30日 ~ 現在に至る

本部

役名 氏名 卒業年
顧問 小川 一三 昭和26(1951)年
島谷 信人 昭和27(1952)年
鳥越 富美子 昭和23(1948)年
会長 赤松 治美 昭和30(1955)年
副会長 小丸 順子 昭和29(1954)年
近本 節子 昭和32(1957)年
佐々木 康之 昭和37(1962)年
定金 孝幸 昭和42(1967)年
篠塚 康孝 昭和49(1974)年
会計 住吉 憲雄 昭和37(1962)年
水船 美佐子 昭和49(1974)年
監査 佐藤 巧 昭和45(1970)年
内田 裕之 昭和51(1976)年
常任理事 児玉 千鶴枝 昭和17(1942)年
吉浦 澄子 昭和20(1945)年
高橋 タマエ 昭和20(1945)年
小畠 規子 昭和23(1948)年
近藤 正子 昭和24(1949)年
小林 純三 昭和25(1950)年
高尾 研三 昭和26(1951)年
森島 勝郎 昭和26(1951)年
秋葉 昌宏 昭和27(1952)年
土屋 恒二 昭和27(1952)年
江田 林太郎 昭和28(1953)年
太田 一郎 昭和28(1953)年
佐藤 弘毅 昭和30(1955)年
平田 満彦 昭和30(1955)年
小川 裕子 昭和30(1955)年
多田 偕作 昭和31(1956)年
藤井 正治 昭和31(1956)年
宇田 勝安 昭和32(1957)年
四元 和子 昭和32(1957)年
小笹 悠典 昭和33(1958)年
原田 芳子 昭和34(1959)年
高尾 来味 昭和34(1959)年
平山 肇 昭和34(1959)年
志田原 節子 昭和34(1959)年
山口 俊治郎 昭和34(1959)年
野濱 一麿 昭和35(1960)年
信森 浩一 昭和35(1960)年
鬼嶋 英三 昭和36(1961)年
蔵本 一 昭和37(1962)年
片岡 忠孝 昭和39(1964)年
蔵本 久 昭和39(1964)年
竹内 肇 昭和39(1964)年
竹内 怜子 昭和39(1964)年
藤本 邦雄 昭和39(1964)年
浅野 昌平 昭和40(1965)年
伊藤 幸人 昭和40(1965)年
吉田 道子 昭和40(1965)年
坂田 あけみ 昭和40(1965)年
日下 恒夫 昭和41(1966)年
藤井 杏二 昭和41(1966)年
松本 茂太郎 昭和41(1966)年
小野 登身 昭和42(1967)年
占部 修 昭和43(1968)年
江草 如容 昭和43(1968)年
小畠 道治 昭和43(1968)年
大浜 隆司 昭和44(1969)年
倉田 有望 昭和44(1969)年
門田 恵子(事務局) 昭和44(1969)年
島田 和子 昭和45(1970)年
甲田 光男 昭和45(1970)年
小土井 伸夫 昭和45(1970)年
畑田 弘泰 昭和45(1970)年
工藤 哲秋 昭和46(1971)年
佐藤 善昭 昭和46(1971)年
西本 章 昭和46(1971)年
世良 眞理子(事務局) 昭和47(1972)年
諏沢 隆 昭和47(1972)年
光成 智美 昭和47(1972)年
早川 佳行 昭和47(1972)年
枝廣 和寛 昭和48(1973)年
得能 みどり 昭和48(1973)年
橋本 哲之 昭和48(1973)年
佐川 明美 昭和48(1973)年
石黒 和美 昭和49(1974)年
遠藤 浩明 昭和49(1974)年
三好 純子 昭和49(1974)年
小林 茂裕 昭和49(1974)年
森永 真澄 昭和50(1975)年
岸田 満里子 昭和50(1975)年
羽原 伸悟 昭和50(1975)年
岡田 勅江(校内幹事) 昭和51(1976)年
藤井 一則 昭和51(1976)年
藤井 洋光 昭和51(1976)年
藤田 信(新任) 昭和51(1976)年
神原 豊司 昭和52(1977)年
金平 京子 昭和52(1977)年
高橋 弘 昭和52(1977)年
宇田 政信 昭和53(1978)年
豊田 雅子 昭和53(1978)年
田中 敬子 昭和53(1978)年
中川 善友 昭和53(1978)年
棗田 章弘(事務局) 昭和53(1978)年
神囿 敦之 昭和54(1979)年
柴田 孝 昭和54(1979)年
藤井 寿人 昭和54(1979)年
藤田 浩三 昭和54(1979)年
岩原 泰俊(新任) 昭和55(1980)年
北村 茂(新任) 昭和55(1980)年
小林 巧平 昭和55(1980)年
高橋 賢二 昭和55(1980)年
児島 利泰 昭和55(1980)年
毛村 眞知子(新任) 昭和55(1980)年
村上 裕彦(新任) 昭和55(1980)年
横藤田 晋 昭和55(1980)年
山本 雅司 昭和56(1981)年
大元 利治 昭和57(1982)年
林 明正 昭和57(1982)年
山本 武士 昭和57(1982)年
内海 竜宏 昭和58(1983)年
神田 量三 昭和58(1983)年
木曽 一成 昭和58(1983)年
木村 秀樹 昭和58(1983)年
貴山 高行 昭和58(1983)年
門田 真起 昭和58(1983)年
佐藤 元治 昭和58(1983)年
猿渡 久美子 昭和58(1983)年
久保 正敬(新任) 昭和59(1984)年
小林 明子(新任) 昭和59(1984)年
徳永 卓朗(新任) 昭和59(1984)年
西山 晴之 昭和59(1984)年
岡本 輝夫(新任) 昭和60(1985)年
髙橋 良太(新任) 昭和60(1985)年
藤井 康弘(新任) 昭和60(1985)年
宮野 宏子(新任) 昭和60(1985)年
大田 幸雄 昭和61(1986)年
滝 登茂子 昭和61(1986)年
竹邊 裕二 昭和61(1986)年
長倉 美絵子 昭和61(1986)年
山田 恭子 昭和61(1986)年
石井 浩二 昭和62(1987)年
贄田 勲 昭和62(1987)年
矢野 アキ子 昭和62(1987)年
樋口 千佳子 昭和62(1987)年
森谷 公一 平成1(1993)年
岩本 忍 平成5(1989)年
高田 幸治(新任) 平成4(1992)年
山本 順二(新任) 平成4(1992)年
北村 和章 平成6(1994)年
笹井 真爾 平成6(1994)年
澤 宏志(新任) 平成6(1994)年
宮前 朋美(新任) 平成6(1994)年
森下 公徳 平成8(1996)年
葛岡 健志 平成11(1999)年
龍王 寛之 平成11(1999)年
森原 毅 平成12(2000)年
原田 なぎさ(新任) 平成14(2002)年
河井 瑠美 平成16(2004)年
湯谷 友里恵 平成19(2007)年
種本 隆助 平成20(2008)年
西脇 琢真 平成20(2008)年
片山 彰悟(新任) 平成25(2013)年
髙野 由加(新任) 平成25(2013)年
横山 真治(新任) 平成25(2013)年
清水 健太(新任) 平成26(2014)年
橋口 叶佳(新任) 平成26(2014)年
山下 博嗣(新任) 平成26(2014)年
北村 翔太(新任) 平成27(2015)年
筑紫 直子(新任) 平成27(2015)年
大谷 志優(新任) 平成28(2016)年
今岡 秀平(新任) 平成28(2016)年

(平成27年7月現在)

東京支部

昭和初期より存在した、旧制高女卒の同窓会「福山葦陽同窓会東京支部」を母体として、昭和62年に新制高校卒(男女共学)を加えて、「福山葦陽東京同窓会」第1回総会が開かれた。

毎年秋に総会、懇親会を開催し、2007年からは広報誌「あしび」を発行。福山葦陽東京同窓会のホームページ、掲示板を開設した。

役職 氏名 卒業年
支部長 來山征士 昭和36年卒(1961年)
副支部長 田丸佐知子 昭和40年卒(1965年)
副支部長 村上芳則 昭和40年卒(1965年)
副支部長 寄国聡 昭和45年卒(1970年)
副支部長 福島博行 昭和50年卒(1975年)

(平成27年6月現在)

近畿支部

有志で集っていました同窓会を平成5年:第1回福山葦陽高等学校大阪支部同窓会として開催いたしました。初期は毎年開催していましたが近年は2年に1回の開催となっております。前会長の伊藤賢二さん(S31)が平成11年から近畿ブロックに拡大されて今日に至っております。

役職 氏名 卒業年
支部長 宇田成徳 昭和32年卒(1957年)
役員 山名菊江 昭和10年卒(1935年)
宇田裕重 昭和30年卒(1955年)
小中節夫 昭和30年卒(1955年)
高谷満澄 昭和30年卒(1955年)
佐久間典子 昭和31年卒(1956年)
藤井慶子 昭和31年卒(1956年)
谷口操 昭和31年卒(1956年)
伊藤賢二 昭和31年卒(1956年)
宮本寛爾 昭和32年卒(1957年)
谷辺眞司 昭和32年卒(1957年)
前原二郎 昭和32年卒(1957年)
市岡慶子 昭和33年卒(1958年)
大原米子 昭和34年卒(1959年)
松本喜久子 昭和34年卒(1959年)
宇田浩一郎 昭和36年卒(1961年)
久保浩子 昭和36年卒(1961年)
西郷正輝 昭和37年卒(1962年)
細見貴子 昭和44年卒(1969年)
猪原正三 昭和44年卒(1969年)
多田浩明 昭和51年卒(1976年)
藤井薫 昭和53年卒(1978年)

(平成27年6月現在)

広島同窓会

広島で生活する福山葦陽高等学校の卒業生で楽しく交流をはかることを目的としています。
今年度も、各自の近況の報告をしながらゆっくり楽しみたいと思います。

役職 氏名 卒業年
会長 宇田育造 昭和46年卒(1971年)

(平成27年6月現在)

福山葦陽同窓会事務局

〒720-0083 広島県福山市久松台3丁目1番1号

TEL:084-982-5139 FAX:084-925-0848

ページの先頭へ